FAQs EPLAN eVIEW Free

よくある質問

Frequently Asked Questions (FAQ)

EPLAN eVIEW Free

EPLAN プラットフォームで EPLAN eVIEW Free を使用するには、次のものが必要です。

  • EPLAN プラットフォーム バージョン 2.8 Hotfix2 以降です。
  • EPLAN eVIEW 2.8 に対応するコネクタ (EPLAN Platform 2.8 のみ必須)
  • 対応する言語パッケージ

 

ブラウザーで EPLAN eVIEW Free を使用するには、次のものが必要です。

  • ブラウザー: Google Chrome、Apple Safari または Mozilla Firefox

 

EPLAN プラットフォームでの EPLAN eVIEW Free の機能範囲は、インストールされているバージョンにも依存します。

システム要件の詳細なリストについては、EPLAN 情報ポータルをご覧ください。

定期メンテナンスに関する情報やサービスのステータスは、www.epulse.com の Trust Center で確認できます。

正常性ダッシュボード

プロジェクトを見ることができない場合、アクセス権がありません。プロジェクトが自分に共有されていることを確認してください。

プロジェクトを見ることはできるが、すべてが表示されていない場合、古い EPLAN プラットフォーム バージョンを使用してアップロードされている可能性があります。バージョン 2.8 Hotfix2 以上、ならびに対応するコネクタと言語パッケージをインストールしてください。その後、再度プロジェクトをアップロードします。

www.epulse.com でサインイン後にダッシュボードにリダイレクトされない場合、お使いのブラウザーの設定でサードパーティの Cookie がブロックされている可能性があります。ブラウザーの設定でサードパーティの Cookie を有効にしてください。

EPLAN プラットフォームの過去バージョン 1.8 まで、すべてのバージョンがサポートされています。

EPLAN eVIEW に関する詳細については、弊社の情報ポータルをご覧ください。

追加のサポートが必要な場合は、弊社のグローバル サポートまでご連絡ください。

製品のご要望がございましたら、eVIEW@eplan.de 宛に電子メールで弊社製品管理までお問い合わせください。

赤ペン 緑ペン 機能を使用して、プロジェクトにコメントを保存できます。 赤ペンを使えば、プロジェクトに変更要求、コメントを記し、統合ステータス ワークフロー経由でプロジェクト参加者に共有できます。赤ペンは、ブラウザーおよび EPLAN プラットフォームで表示できます。

緑ペンを使えば、作業進捗をマークできます。緑ペンは、コメントや EPLAN プラットフォームへの表示ができません。

ブラウザーの EPLAN eVIEW Free の機能は、EPLAN プラットフォームのものと異なります。 これはワークフローでそれぞれのタスクが異なっているためです。EPLAN プラットフォームを操作している設計者は、別の部門の従業員とは異なる機能を必要とします。EPLAN プラットフォームでは、eVIEW Free にプロジェクトをアップロードし、共有して赤ペンを表示できます。ブラウザーでは、EPLAN eVIEW にプロジェクトのバックアップをアップロードし、プロジェクトを表示および共有して、赤ペンや緑ペンでコメントを作成できます。

プロジェクトを別のユーザーと共有するには、該当ユーザーを組織に追加する必要があります。それには、ユーザー管理でユーザーに招待を送ります。ユーザーが招待を確認して組織に参加すると、すぐにプロジェクトを共有できます。

詳細については、EPLAN 情報ポータルをご覧ください。

データの権利を確保するため、現在 EPLAN eVIEW では印刷機能を利用できません。ただし、紙データが必要な場合、EPLAN プラットフォームの機能を使用できます。

EPLAN eMANAGE アプリの導入により、EPLAN eVIEW および EPLAN eVIEW AR でのプロジェクトのアップロードが変更されました。 EPLAN eMANAGE は EPLAN eVIEW/EPLAN eVIEW AR と連携しているため、ZW1 バックアップ ファイルのアップロードは EPLAN eVIEW/EPLAN eVIEW AR でもできるようになりました。 For EPLAN eVIEW/EPLAN eVIEW AR 自体では、EPLAN eMANAGE から自動作成されたプロジェクトのバックアップ イメージのみを引き続き使用できます。EPLAN ヘルプも参照してください。

EPLAN プラットフォーム経由で EPLAN eVIEW/EPLAN eVIEW AR に ZW1 バックアップ ファイルを追加すると、並行して EPLAN eMANAGE で ZW1 バックアップ ファイルがアップロードされ、このファイルのイメージが EPLAN eVIEW ユーザーと EPLAN eVIEW AR ユーザーに提供されます。 このようにして、ユーザーは EPLAN eVIEW/EPLAN eVIEW AR の機能を使用できますが、ZW1 バックアップ ファイルを直接変更できません。 EPLAN eMANAGE は、ユーザーが ZW1 バックアップ ファイルを管理して更新するために使用できます。

いいえ、EPLAN eVIEW および EPLAN eVIEW AR のユーザーはあなたの ZW1 バックアップ ファイルには直接アクセスできません。 EPLAN eMANAGE 経由でプロジェクトにアクセスするユーザーのみが、ZW1 バックアップ ファイルにアクセスできます。 

To use EPLAN eVIEW AR, you need:


 To scan a QR code and view the virtual part, you need:

  • A mobile terminal with a camera function (recommended display size: from 8 inch)
  • The Vuforia View App
  • EPLAN ID