FAQs EPLAN eBUILD

よくある質問

Frequently Asked Questions (FAQ)

EPLAN eBUILD

EPLAN eBUILD は、EPLAN プラットフォームでエンジニアリングを自動化するための商用クラウドベース ソリューションです。 EPLAN eBUILD があれば、ボタン 1 つで回路図 (電気工学、流体動力など) を生成できます。EPLAN eBUILD は、無料製品 EPLAN eBUILD Free の一部でもあるサービス「Project Builder」と、独自の個別ライブラリの作成に使用できる「Designer」で構成されます。

EPLAN eBUILD は、他のすべての EPLAN 製品と同様に購入できます。

EPLAN eBUILD を使用するには、EPLAN Electric P8、EPLAN Fluid または EPLAN Pro Panel (2D 回路図生成のみ) バージョン 2.8 Hotfix 3 以降が必要です。 2.9 未満のバージョンでは、コネクタを設置する必要があります。さらに、EPLAN eBUILD と連携するにはインターネット接続が必要になります。

EPLAN eBUILD は、EPLAN eBUILD Free と同じソフトウェア メカニズムを使用して回路図を自動生成します。 回路図は、EPLAN プラットフォームのプロジェクト管理内でユーザーが選択したプロジェクトに生成されます。これはローカルの格納場所やユーザーのネットワーク インフラストラクチャ内の格納場所に設定できます。EPLAN eBUILD は回路図を EPLAN Cloud に保存せず、EPLAN プロジェクト管理内のプロジェクト データにアクセスできる人物を決定するのはユーザーになります。

EPLAN eBUILD はプロジェクト データを EPLAN Cloud に保存しません。 他の部門と共同作業する目的で、EPLAN Cloud 経由でプロジェクト データを利用できるようにしたい場合は、サービス EPLAN eVIEW を使用できます。

はい、EPLAN Cogineer で作成したライブラリはすべて EPLAN eBUILD に移行した後でも使用できます。 それぞれの Cogineer ライブラリを自分の組織にアップロードして、ユーザーが使用できる状態にする必要があります。それらのライブラリは EPLAN eBUILD の Designer や Project Builder で使用できます。 ライブラリの詳細は、こちらをご覧ください。

For information on the transition from EPLAN Cogineer to eBUILD, please reach out to your EPLAN sales contact or send an e-mail to ebuild@eplan.de.